RSS Feed

ナレッジコミュニティ10/19『多文化共生による商店街再生』

令和4年度開催

第2回ナレッジコミュニティ
「多文化共生による商店街再生」 ~吉塚市場リトルアジアマーケットから学ぶ~


 2018年、“地域の課題に目を向けよう”とお寺の呼びかけで「吉塚商店街景観再生プロジェクト」がスタートし、最初の取組は商店街の壁にみんなで描いた“ウォールアート”でした。 このプロジェクトに賛同した地域に住む外国人たちと商店街の人々の交流がきっかけとなり、2020年『吉塚市場リトルアジアマーケット』として大きく再生することとなりました。
 今回のナレッジコミュニティでは、西林寺住職の安武義修氏をお招きし、地域の人々と在住外国人との「共生」と「共修」を目指す多文化共生のまちづくりに関わる僧侶の立場から、商店街再生のプロセスとその背景についてご講演いただきます。
詳細はこちらをクリック

日 時: 令和4年10月19日(水) 18:30~20:00
会場: 公益財団法人福岡アジア都市研究所 会議室
福岡市博多区博多駅前2丁目8-1 博多区役所10階
参加申込: 事前の参加登録が必要です。EメールまたはFAX(下記申込用紙)で、
①氏名・②所属・③電話番号・④Eメールアドレスをご記入のうえ、下記連絡先までお申し込み下さい。(メール件名 : 第1回 URC ナレッジコミュニティ参加希望)
Mail : k-com@urc.or.jp Fax : 092-710-6433
講 師: 安武 義修(やすたけ よしのぶ)
西林寺住職 
吉塚御堂代表世話人

 2002年よりカンボジア支援活動を開始。2003年インターナショナル・カンボジアNGO理事に就任。以後20年間、現地での学校支援や仏教交流、井戸建設プロジェクトなどカンボジアで活動。’10フランス、’14スロバキア、ハンガリーなどにおいて、浄土真宗本願寺派の「声明と雅楽の宴」公演を企画・開催。また、2008年よりカンボジア・チャリティーイベント『CANDLE NIGHT LIVE』をお寺で開催し、毎年県内外から300名超の老若男女が訪れる恒例行事となった。2020年、これまでの経験を地域へ還元すべく「吉塚商店街再生プロジェクト」に加わる。同年9月、経済産業省「商店街活性化 観光消費創出事業」の助成金が採択され、同年12月「吉塚市場リトルアジアマーケット」として再生を果たすことに貢献。
 その後、2021年、ミャンマーよりお釈迦さまをお迎えし、在住外国人仏教徒の心の支えとなる「吉塚御堂」建立を発案。現在も商店街再生に奮闘中。
第1回ナレッジコミュニティ
「仕事に活かせる都市政策資料室ガイド」 ~専門図書館の活用術~

図書館といえば、一般には、本を借り、自習をすることが出来る場所というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
いま図書館は、司書が利用者を希望する情報へ導く「レファレンスサービス」を始めとして、人々の課題を解決するための資料や情報が得られるところと位置づけられ、さまざまな情報支援を行っていることをご存知でしょうか。今回のナレッジコミュニィでは、皆様方の仕事や研究などに役立つ福岡アジア都市研究所内の都市政策資料室(専門図書館)におけるレファレンスサービスや蔵書検索などの便利機能についてご紹介します。
詳細はこちらをクリック

日 時: 令和4年7月27日(水) 18:30~19:45
会場: 公益財団法人福岡アジア都市研究所 会議室
福岡市博多区博多駅前2丁目8-1 博多区役所10階
参加申込: 事前の参加登録が必要です。EメールまたはFAX(下記申込用紙)で、
①氏名・②所属・③電話番号・④Eメールアドレスをご記入のうえ、下記連絡先までお申し込み下さい。(メール件名 : 第1回 URC ナレッジコミュニティ参加希望)
Mail : k-com@urc.or.jp Fax : 092-710-6433
講 師:

本田 佳奈(ほんだ かな)
(公財)福岡アジア都市研究所 都市政策資料室司書

略歴
九州大学大学院博士後期課程(歴史地理学)を単位取得退学後、神奈川大学常民文化研究所研究員を経て佐賀県立図書館等の図書館に勤務。レファレンス・サービス、地域資料の収集・公開、古文書講座の講師等の業務に従事。
2021年度より(公財)福岡アジア都市研究所 都市政策資料室に勤務。

これまでに開催したナレッジコミュニティについてはこちら

Print This Post Print This Post