「IoT技術等を活用した資源循環システム実証試験」キックオフMTG
言語
TOP > 刊行物・研究報告 > 総合研究・個別研究 > 「IoT技術等を活用した資源循環システム実証試験」キックオフMTG

REPORT

刊行物・研究報告

背景

個別研究

2020.09.09

「IoT技術等を活用した資源循環システム実証試験」キックオフMTG

■ キックオフミーティング報告

2020年8月21日、「令和2年度IoT技術等を活用した資源循環システム実証試験」のキックオフミーティングを開催しました。コロナ禍での開催ということで、会場およびウェブの同時開催とし、会場では参加者間の距離を十分に保ちつつ、ウェブ参加の方も交えて、顔合わせ、意見交換を行いました。

会合では、まず、本事業の支援者であるリ総研の中村センター長より開会の挨拶があり、本実証試験を機会に今後の展開への期待が述べられました。続いて、URC菊澤より、多品種少量で発生する事業系ごみのリサイクルが喫緊の課題となっていること、人口増や小規模事業者の多い福岡市で実証を行う意義などが報告されました。さらに、レコテックの野崎代表の事業説明では、持続可能な低炭素型マテリアルリサイクルを実現するには、静脈資源であっても従来の「プロダクトアウト」だけでなく「マーケットイン」の手法にて資源の流通を検討する必要があるとの指摘がなされました。

参加者の皆様には、自己紹介に加え、事業への意気込みや期待についてお話しいただきました。関係者が一堂に会し、無事、スタートを切ることができました。引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。



REPORT

刊行物・研究報告

SUPPORT

賛助会員

(公財)福岡アジア都市研究所では研究所の活動趣旨に賛同していただける方に賛助会員としてご加入いただいています。
ぜひご入会をご検討ください。

  • 特典 1

    アイコン

    研究所主催のセミナー等の
    開催情報を優先的にご案内

  • 特典 2

    アイコン

    総合研究報告書などを
    1部無料でお届け

  • 特典 3

    アイコン

    研究紀要「都市政策研究」を
    毎号1部無料でお届け

  • 特典 4

    アイコン

    ホームページで会員名
    (希望する法人会員のみ)をご紹介

背景