コロナインパクト・フクオカ  2020-2022チャート集(統計編・家計調査編)
言語
TOP > 刊行物・研究報告 > 総合研究・個別研究 > コロナインパクト・フクオカ 2020-2022チャート集(統計編・家計調査編)

REPORT

刊行物・研究報告

背景

個別研究

2023.05.25

コロナインパクト・フクオカ 2020-2022チャート集(統計編・家計調査編)

データでみる福岡市のコロナ影響度に関する研究
新型コロナウイルス感染拡大が始まった2020年から2022年までのさまざまな統計データから、福岡市における影響度を観察、考察するとともに、コロナ禍前(2019年)と比較したチャート集(統計編・家計調査編)を作成しました。 
新型コロナウイルスは完全に収束していませんが、2023年5月8日には、感染症法上の位置づけが2類相当(新型インフルエンザ等感染症)から、5類感染症へと移行され、保健所からの外出自粛要請は無くなり、原則個人の判断に委ねられるなど、新型コロナウイルスへの対応は、一つの区切りを迎えました。
本研究結果が、福岡市の、この3年間の変化を振り返るアーカイブ(記録)として、さまざまな活動や調査・研究等の参考となれば幸いです。

報告書
チャート集・報告書1 統計調査編
チャート集・報告書 2 家計調査編

REPORT

刊行物・研究報告

SUPPORT

賛助会員

(公財)福岡アジア都市研究所では研究所の活動趣旨に賛同していただける方に賛助会員としてご加入いただいています。
ぜひご入会をご検討ください。

  • 特典 1

    アイコン

    研究所主催のセミナー等の
    開催情報を優先的にご案内

  • 特典 2

    アイコン

    総合研究報告書などを
    1部無料でお届け

  • 特典 3

    アイコン

    研究紀要「都市政策研究」を
    毎号1部無料でお届け

  • 特典 4

    アイコン

    ホームページで会員名
    (希望する法人会員のみ)をご紹介

背景