事業目的に適した効果分析の仕組みづくりの検討
言語
TOP > 刊行物・研究報告 > 総合研究・個別研究 > 事業目的に適した効果分析の仕組みづくりの検討

REPORT

刊行物・研究報告

背景

個別研究

2023.05.24

事業目的に適した効果分析の仕組みづくりの検討

個別研究報告書表紙 ダウンロード pdficon_small
著者 山田 美里
出版日 2023年3月
キーワード ・EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング)
・エビデンスに基づく政策形成
・研究機関の協力
区分 研究報告書
URC研究区分 個別研究

本報告書は、令和4年度個別研究として行った「事業目的に適した効果分析の仕組みづくりの検討」の成果物です。
地方自治体におけるEBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング:証拠に基づく政策立案)の推進に向けた基礎調査として、市職員がEBPMへの理解を深め、新たな視点、思考ツールとして認識することに繋がることを目指し、基本概念やプロセスの整理を行いました。
今後、実際の導入に向けた提言などを行うつもりであり、本研究はその前段階である基礎調査としてまとめたものです。

目次
1 はじめに
2 EBPMとは:従来の政策形成アプローチとの違い
3 EBPMはなぜ重要か:政策形成にもたらすメリット
4 地方自治体におけるEBPMの実施と課題
5 EBPMの先行事例
6 今後の政策形成へ向けて
7 おわりに

REPORT

刊行物・研究報告

SUPPORT

賛助会員

(公財)福岡アジア都市研究所では研究所の活動趣旨に賛同していただける方に賛助会員としてご加入いただいています。
ぜひご入会をご検討ください。

  • 特典 1

    アイコン

    研究所主催のセミナー等の
    開催情報を優先的にご案内

  • 特典 2

    アイコン

    総合研究報告書などを
    1部無料でお届け

  • 特典 3

    アイコン

    研究紀要「都市政策研究」を
    毎号1部無料でお届け

  • 特典 4

    アイコン

    ホームページで会員名
    (希望する法人会員のみ)をご紹介

背景