RSS Feed

アジア交流グループ主任研究員 唐寅

唐 寅(とう いん) 1963年1月 中国上海生まれ

学歴
1980年9月 華東師範大学中国語言文学部入学(上海市)
1981年3月 中国赴日留学予備学校入学(長春市)
1982年4月 中国政府派遣留学生として来日、九州大学教育学部入学(福岡市)
1986年3月 九州大学教育学部卒業
1986年4月 九州大学大学院教育学研究科入学、教育行政学・教育法制専攻
1991年3月 九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後満期退学
1994年6月 九州大学博士号(教育学)取得 (博甲第5号)

職歴
1991年 4月 文部教官 九州大学教育学部 助手
1994年12月 財団法人アジア太平洋センター プログラムオフィサー
2004年 4月 公益財団法人福岡アジア都市研究所 主任研究員

主な研究領域
教育行政組織論
都市の病理及び対策
ソーシャルネットワークと都市の成長
文化産業と都市ブランド
国際的人材ネットワーク
都市景観の形成と評価システム

企画・担当した主な研究プロジェクト
「グローバル経営の比較研究」(1995年)
「アジア諸国都市政府・自治体の機能に関する比較研究」(1997年)
「中国東北の経済発展と北部九州の役割」(1998年)
「アジアの観光政策に関する比較研究」(1998年)
「多民族国家に見るエス二シティ」(2000年)
「アジアにおける技術革新と地域発展」(2000年)
「中国における西部大開発の戦略と実態」(2001年)
「アジアの都市における共生社会のビジョン」(2002年)
「東アジアにおける都市戦略の比較研究」(2003年)
「集客都市・福岡のイメージ戦略」(2005年)
「東アジアにおける地方自治体の国際化施策の研究」(2006年)
「文化産業振興における日中都市間協力に関する研究」(2008年)
「日中経済交流のプラットフォームの形成に関する研究」(2009年)

参加した主な研究プロジェクト
「諸外国の教育改革と教育経営」(2000年)
「国際化に伴う人材開発機能に関する研究」(2004年)
「国際的拠点都市形成のための地方自治体と大学とのパートナシップ」(2008年)
「福岡における国際的拠点都市形成に関する研究」(2010年)
「アジア都市景観アセスメントの研究」( 2010年)
「福岡モデル」(2012年)
「日中歴史の変わり目を展望するー日中関係再考」(2013年)
「留学生受け入れによる地域活性化の取り組みと社会統合の課題」(2015年)

参加した主な学術活動・社会活動
九州大学、西南学院大学、福岡大学 など 非常勤講師
国土交通省/国連ハビタットアジア太平洋事務所「東アジアの国土政策プラットフォーム構築」プロジェクトチーム 専門家
福岡県「東アジアの知的拠点として展開する学術集積拠点の形成」プロジェクトチーム 専門委員
福岡市「新・福岡都心構想」策定委員会 委員
福岡市「福岡市多文化共生懇話会」専門委員
九州国際エフエム放送局(愛称LOVE FM)番組審議会委員
福岡アジア文化賞 推薦人
九州地区中国人学者・技術者聯誼会理事

現在担当している主な業務
– 国連ハビタット福岡本部、アジアハビタット協会、アジア景観デザイン学会と福岡アジア都市研究所が主催する
アジア都市景観賞の事務局責任者として、アジア都市景観賞の募集・選考・表彰業務
– 福岡市が外国公務員向けに実施する「国際視察・研修」の受入れ業務
– 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の委託により、アジアの若者に日本の先進的な科学技術研究・教育を紹介する
「さくらサイエンスプラン」の実施業務
 

アドレス: tang-yin@urc.or.jp

 

Print This Page Print This Page