令和5年度 市民まちづくり研究員募集のお知らせ

市民の方々に、自主的な立場での研究を通して、まちづくりへの認識を深め、また、交流の輪を広げることにより、まちづくりのリーダーとなっていただくことを目的としています。

 

研究テーマ
福岡の心地よい空間づくり』~食や景観から生まれるにぎわいとやすらぎ~

福岡市では、「世界水泳選手権」など大型イベントの開催で国内外からの来訪者の増加が期待されています。また、福岡地下鉄七隈線延伸により、九州の玄関口「博多」への交通アクセスが良くなり、交流人口の一層の拡大が見込まれます。

福岡には、市民や来訪者を魅了する博多旧市街などの風情ある街並みや新しいビルが立ち並ぶ都会の景観があり、水炊きやもつ鍋といった全国に知れた料理や流行のスイーツなどを提供する飲食店が数多く存在しています。人が集う場所には、程よい空間と良好な景観があり、そこに人々が喜びや幸福を感じる食の感動が加わることで交流の輪が広がっていくと考えられます。

そこで、来訪者の増加が期待され人口増加の続く福岡市において、市民や来訪者がより心地よいと感じる福岡のまちはどうあるべきなのか、皆さんのそれぞれの立場から構想し、市民まちづくり研究員として調査・研究し、提案してみませんか。

※今年度の募集は終了しました※

(1)募集対象 福岡市またはその近郊に住む方もしくは福岡市内に通勤・通学している満18歳以上の方で、月1回程度の定例研究会活動(原則、平日夜間)に参加でき、かつ、研究テーマに関連して自主的な研究活動を完遂できる方
(2)定員 5名程度
(3)研究期間 2023(令和5)年7月から2024(令和6)年3月まで
(4)申し込み 5月31日(水)必着 応募用紙をメールで提出

※詳細につきましては以下の募集要項をご確認ください。

募集要項

応募用紙