RSS Feed

平成27年度市民研究員研究成果発表会

平成27年度研究テーマ
アジアの先進モデル都市・福岡のまちづくり

2012年策定の「福岡市第9次基本計画」では、基本構想で掲げた4つの都市像の1つ「活力と存在感に満ちたアジアの拠点都市」を実現するため、基本計画における8つの目標の1つとして「国際競争力を有し、アジアのモデル都市となっている」都市の形成を目指しています。
shimin1shimin2 実際に、福岡では、MICEの誘致に力を入れているほか、国・日銀の異次元金融緩和政策に伴う円安効果もあって、アジアをはじめ海外からの観光客の増加や、コンテンツ産業の成長などが見られます。
しかし、世界銀行によれば、発展途上国における中所得層の規模が、15年後の2030年には12億人に達すると見られており、これは現在のアメリカ+ヨーロッパ+日本の人口を上回る規模となるほか、世界の経済において先進国が占めるGDP割合も、35年後の2050年には、現在の60%弱から30%を切るまでに低下すると見られています。また、アジア開発銀行によれば、アジアの各国で都市化が猛烈に進んでいるとされており、アジアを含む世界中で国際的な都市間競争が今後さらに強まり、優位性の高い都市へ、消費や生産(資本)がいっそう集中すると考えられます。
こうした将来において、福岡市が活力と存在感、そして国際競争力を有する、アジアの拠点都市・モデル都市となるためには、どのようなインフラや都市機能が必要あるいは強化すべきなのか、また、産/官/学/民、さらには外国人材も含む多様な主体・担い手が、どのように動くべきなのか、などについて、市民研究員6名が約9か月間にわたり活動した、研究や調査などに基づく成果を発表します。

日 時:  平成28年3月12日(土) 13:30~16:30(開場13:00) 
場 所   アクロス福岡 2階 セミナー室2(福岡市中央区天神1-1-1)  http://www.acros.or.jp/access/
 
個別研究テーマ

『福岡市における新たな宿泊サービス機能の拡充に関する研究』 … 伊東 克啓
『市民の知を支える市立図書館の在り方についての検討』  … 岩井 千華
『ミュージシャン・アーチストのまち・福岡形成戦略』  … 大澤 理宗
『多文化共生の実現に向けた地域の取組み』   … 岡田 憲二郎
『先進モデル都市の実現に向けた諸問題への考察と提言』 … 河野 弘史
『中国マーケットへの展開方策に関する実践的研究』 … 平野 紘輝

 申 込 締 切   平成28年3月8日(火)まで  
 
 申 込 方 法   こちらの申込みフォーム 、下記の申込みフォーム、 Eメール(shimin@urc.or.jp)、FAX((092)733-5680)のいづれかにて、
福岡アジア都市研究所までお申込み下さい。

Eメール(shimin@urc.or.jp)、FAXのかたは、下記の必要事項をご記入いただきお申込み下さい。
(1)「市民研究員発表会(3月12日)」参加希望
(2) 参加希望者の《氏名・ふりがな》《電話番号》《メールアドレス》



icon_1r_32 チラシはこちら(pdf/321KB) 


 定 員   50名 (申込み先着順) 
 参 加 費   無料 
Print This Post Print This Post