RSS Feed

URC個別研究報告書「防災×スポーツ」完成のお知らせ

※オンラインパブリッシング(ISSUU)では文字が正しく表示されない場合があります。その場合は、PDFをダウンロードしてご利用ください。

ダウンロード (pdf/約23.8MB)

発行日
● 2019年3月

「防災×スポーツ」 平成30年度URC個別研究報告書

“Disaster Prevention x Sports” Summary of Excerpt (in English)

本研究は、地域における防災の取り組みの強化や、自主防災組織等が抱える課題の解決に向け、スポーツコミュニティが寄与できることがあるのではないかという発想から、理論的かつ実証的な観点で取り組みを進めてまいりました。
この度、その報告書「防災×スポーツ」が完成しましたので、お知らせします。

【昨年度の活動の流れ】
● 2018年11月、八角(現福岡地域戦略推進協議会)、山田、菊澤による「スポーツコミュニティによる防災力向上に関する一考察」が、地方シンクタンク協議会「論文アワード2018」の優秀賞を受賞。

● 2019年1月、都市政策研究(URC研究紀要)第20号にて、「自主防災活動におけるスポーツコミュニティの役割」を発表。

● 2019年3月、福岡市内のサッカーチーム、C.A PROGRESSO 小笹(プログレッソおざさ)の子ども達と、サッカーを通して防災を学ぶワークショップを開催(筆者の八角は元サッカー選手)。子ども達の防災意識の向上およびサッカーチームと自主防災組織との繋がりづくりに加え、保護者、チームの指導者、自主防災組織の方々へのアンケート調査を実施。

本報告書は、上記論文2本ならびにワークショップの報告をとりまとめております。引き続き本テーマによる取り組みを続けてまいりますので、ご支援のほど何とぞよろしくお願いいたします。

【報告書一部抜粋】

[Summary of Excerpt]
“The Roles of Sports Community in the Community-based Disaster Prevention Activities”
The authors have been seeking the potentials of the sports community as one of the organizations accelerating the mutual assistance in times of disaster. While the purpose of disaster prevention education is set to have “preparation”, “connection”, and “knowledge”, the sports community has advantages in terms of physical “preparation” and every day “connection”. On the other hand, a “Community-based Organization for Disaster Prevention (CODP)” consisting of local residents is the main body that supports the mutual assistance in the local community. In this paper, based on the roles and challenges of CODP in Fukuoka City, we examined the possibility of new roles in times of disaster that the sports community could complement. As a result, it was revealed that the aging and the short of manpower have become issues although the CODP is expected to play a central role in opening and operating a local evacuation shelter. Another issue is that the support for the non-designated evacuation shelters is insufficient. As a potential role of the sports community, we proposed 1) assisting the operation of evacuation shelters, 2) rescuing and aiding in times of evacuation, and 3) assisting the support for non-designated evacuation shelters. The study pointed out the importance of efforts in times of peace in order to turn these roles into actions, such as acquiring disaster prevention skills and understanding the local contexts.
Keywords
Sports community, Community-based organization for disaster prevention, Mutual assistance

関連ページ:
地方シンクタンク協議会「論文アワード2018」〈選考結果〉
URC『地方シンクタンク協議会「論文アワード2018」』優秀賞受賞報告
URC都市政策研究(研究紀要)第20号
福岡地域戦略推進協議会

Print This Post Print This Post