- 福岡アジア都市研究所 - https://urc.or.jp -

『外国人の防災~みんなが助かる社会の構築に向けて~』2019年度URC総合研究報告書

 


ダウンロード (pdf/約18.4MB)
著者 中村 由美・菊澤 育代
出版日 2020年3月
キーワード 福岡市の災害リスク
都市の外国人防災の取り組み
外国人の集住傾向
災害時に外国人が直面する課題
外国人への情報発信
区分 研究報告書
URC研究区分 総合研究

福岡アジア都市研究所(URC)は、2019年度総合研究報告書『外国人の防災~みんなが助かる社会の構築に向けて~』を発行しました。近年の自然災害の頻発と外国人の来訪者・在住者の増加傾向を踏まえ、外国人の防災という切り口から、福岡市における「誰もが助かるまちづくり」に向けて検討を行いました。

日本都市センターCR1グランプリ優秀賞受賞

ポイント
・自然災害の頻発や外国人の増加をうけて進む災害時の外国人支援
・福岡市における外国人が多い地域の災害リスク、多言語による情報提供の取組
・外国人支援の先進事例(関係各所の連携、ボランティアの活用、多様な情報発信ツールなど)
・異なる言語特性に配慮した情報伝達と、言語だけではない重層的な制約への配慮の必要性
・多言語化を意識した情報発信の必要性、外国人が支援側に立つ可能性
・外国人の防災力の向上は、子どもや高齢者を含む地域全体の防災力の向上に寄与

コラム
調査研究の過程で得た情報や研究員の気づき、調査研究の一環として開催したワークショップの内容を、URCのWEBサイトでコラム形式で発信してきました。報告書とあわせてご覧ください。

特別編:URCナレッジコミュニティ 防災ワークショップ【報告】
✔ URC報告「一人ひとりの多様性と必要な備えとは」
✔ワークショップ:「わたしの防災カード」
✔意見交換「多様性のある社会における防災」
シリーズ07:世界の“BOSAI”とボランティアのゆくえ
✔ BOSAIの主流化
✔ 支援受け入れ機関の役割と負担
✔ 非公式セクターの制度化と“BOSAI”力の向上
特別編:URCナレッジコミュニティ 防災ワークショップ【報告】
✔ URC報告「都市における外国人災害対策と災害時における外国人の脆弱性」
✔ ワークショップ① 「多様なシーンにおける課題発掘」
✔ ワークショップ② 「助かる社会の環境づくり」
シリーズ06:沖縄における観光危機管理
~県一体となった災害・危機への対応
✔ 観光客と観光産業を守るための計画の策定
✔ “危機からの回復”までを視野に:麻しん(はしか)感染拡大防止の取り組みの事例
✔ 一人ひとりが観光産業の守り手である
シリーズ05:多様性を認める社会づくりと防災
✔ 男性は避難所運営本部?女性は炊き出し?
✔ 多様な人々の「違い」への配慮とは
✔ それぞれの役割を活かす社会づくりが防災力向上につながる
シリーズ04:避難所運営の若き担い手
~熊本大学における被災者支援 【後編】~
✔ 学生ならではの要配慮者対策
✔ 手探りからの情報収集・伝達手法の確立
✔ 背中を押された学生たち
シリーズ03:大学が避難所に!熊本地震からの学び
~熊本大学における被災者支援 【前編】~
✔ 指定外避難所での避難所開設
✔ 当事者意識と日常的なつながりの奏功
✔ 適材適所の役割分担
シリーズ02:阪神・淡路大震災から24年後のまち
~神戸市長田区野田北部地区の視察報告~
✔ 震災当時の様子を物語る樹木や街灯
✔ 地域住民による震災後のまちづくり
✔ 新たな住民層により変わる地域
シリーズ01:一人ひとりが「助かる」とは?
~「地域コミュニティの防災力の向上シンポジウム」参加報告~
✔インクルーシブなまちづくりとは「助かる」社会を構築すること
✔地域づくりの”隠し味”としての防災
✔減災とは「最後の一人まで助けること」
Share This Post: http://urc.or.jp/2019sougou-bousai-series