RSS Feed

01. “Food Is Drawing People from All over the World”

FG2015_pagebanner01_b

FG3_2015-2016_topbanner_02

20140611FGbook_banner

FukuokaGrowthGCS

[June 8, 2015]  Fukuoka Growth 2015-2016 GlobalCityStatus リレーコラム   View this post in pdf pdficon_small (700KB, Japanese)

Column 01. Food Is Drawing People from All over the World

(by Naohisa HATAKEYAMA, Chief Researcher)
In an on-board magazine for U.S.-based United Airlines, which flies to sixty countries throughout the world, Fukuoka City was the only Japanese city introduced in a list of eight promising future global cities. Included with the prominent cities of Rotterdam (Netherlands), which possesses a vibrant architectural scene; the technology hub Tel Aviv (Israel); and the design center Taipei (Taiwan), Fukuoka City was selected as a destination for foodie pilgrimages.
I am happy to see Fukuoka gain fame comparable to that of cities such as Rotterdam and Tel Aviv in an on-board magazine viewed by businessmen and travelers from throughout the world. In fact, Fukuoka City’s food can be called a core industry that generates a lot of value, and more than 20% of workers in the city are involved in the food industry. While it goes without saying that agricultural products, marine products, and other items from the surrounding area are extremely valuable treasures in terms of freshness and quality, even in the terms of actually eating, Fukuoka City’s food has won high praise both from within Japan and overseas.
I have recently heard that ramen shops with roots in Fukuoka are popular throughout the world. On the other hand, it seems that one could argue that Fukuoka is blessed with relatively inexpensive but quality food because the Engel’s coefficient for Fukuoka is the lowest among major Japanese cities.
The world-renowned U.S. novelist Junot Díaz, who has won a National Book Critics Circle Awards and the Pulitzer Prize for fiction, has praised Fukuoka’s food in his blog and called on people to visit Fukuoka as quickly as possible, which is really appreciated.
Promoting tourism is indispensable for both regional revitalization and development, and food has a major pull in terms of tourism. As for expectations for tourism, the greatest emphasis is being placed on food, and it has a major impact on where people choose to travel.
World Heritage sites preserve value for future generations, and many tourists from throughout the world will visit them in the future, too. However, cities with the appeal of food are not short lived but will attract large numbers of tourist as long as people get hungry.
Fukuoka City has a lot of food-related appeal that enthralls people from throughout the world. In Asia, income levels are rising, and the number of people referred to as the new middle-class are growing to the hundreds of millions. The number of people with the ability to travel for food will also probably grow dramatically.
As a destination for foodie pilgrimages, Fukuoka is a city that people from throughout the world will want to visit. Without a doubt, this has the potential to be a major impetus for Fukuoka to raise its presence. The city must steadily communicate its food culture, its pride, to the world.

01.「食」が世界から人を呼ぶ 「食通巡礼」の地福岡のポテンシャル

✔UA機内誌でFUKUOKAが将来有望な世界の8都市に選ばれた
✔ピューリッツァー賞受賞歴のある米国人作家が FUKUOKAを褒めちぎっていた
テキスト:情報戦略室 畠山 尚久
これから、福岡アジア都市研究所の情報発信の一環として、スタッフによるリレーコラムを発信していきます。当研究所の2014年度総合研究「福岡の国際競争力に関する研究」の報告書『「第3極」の都市-Cities on the “Third Axis”』が刊行され、さまざまな指標の国際比較をもとに、「FUKUOKA」の現状や競争力を示しています。

fggcs2015_01_photo01

さて、世界60カ国の航路を持つアメリカのユナイテッド航空の機内誌において、「将来有望な世界の8都市」として、「福岡市」が日本から唯一紹介されました。
「建築シーン」のロッテルダム(オランダ)、「テクノロジー・ハブ」のテルアビブ(イスラエル)、「デザインセンター」の台北(台湾)など、錚々たる都市が並ぶ中で、福岡市は「Foodie Pilgrimage」として選ばれています。直訳すると「食通巡礼」。さらに詳細をみると、「世界のとんこつラーメン好きの道は福岡に通じる」(原文まま)…という話だとわかります。
ラーメンで将来有望な世界都市。
少し困惑するところもありますが、世界中のビジネスマンや旅行者が目にする機内誌で、ロッテルダムやテルアビブなどと並列で福岡市が広く知らしめられたのは、喜ばしいことには違いありません。事実、ラーメンをはじめとする福岡市の「食」は、産業としても高い価値を生み出す基幹産業とも呼べるもので、市内従業者の2割以上は何らかの食関連産業に従事しています。農産物や水産物など、新鮮で良質で価値の高い素材の宝庫であることは言うまでもなく、「食べる」という部分でも、福岡市の「食」は内外から高い評価を得ています
最近では、福岡発祥のラーメン店が、世界中で人気を博しているニュースも耳にします。
一方で、市民のエンゲル係数は、国内主要大都市で最も低く、比較的安価で良質な食に恵まれているということが言えそうです。そんな中、福岡の食は神(原文まま)。

fggcs2015_01_photo02

とまで惚れ込んでいる外国人もいます。
日本、福岡市を訪れ、食事の感動と興奮を記す外国人旅行者等のブログはよく目にしますが、それが、全米批評家協会賞、ピューリッツァー賞(フィクション部門)受賞者で、世界的に注目されるアメリカ人小説家・ジュノ・ディアズの言葉となると、その重みも俄然増してきます。
おそらく福岡でもほとんど誰にも知られていないところで、世界に大きな影響を与えるであろう彼が、「できるだけ早く福岡に行くように」と呼びかけてくれています。ありがたいことです。

fggcs2015_01_photo03

今日、地方創生、地域振興に、観光の振興は欠かせない視点です。「食」は観光面でも大きな吸引力を発揮します。観光に期待する点で「食」は最も重視され、旅行先を選ぶ際にも大きく影響します。
「世界遺産」は、後世にその価値を残すもので、これから先も、世界中から多くの観光客が訪れることでしょう。一方、「食」の魅力を有する都市もまた、一過性でなく、人々の空腹が続く限り、多くの観光客を引き寄せます。福岡市の100km圏に、(現時点では)世界遺産はありませんが 、世界を魅了する食の魅力は数多くあります。アジア地域では、所得水準が上昇し、新中間層と呼ばれる人が、数億人単位で増加しており、「食」を目的に観光を楽しむ余裕がある人も、飛躍的に増えると考えられます。
「食通巡礼」の地として、世界中の人が訪れたくなる都市。福岡市のプレゼンスを高める、大きなきっかけ、ポテンシャルであることは間違いありません。世界に誇る「食文化」として、どんどん発信していかねばなりません。
Image is for illustration purposes only. (Photos are taken in Fukuoka City)
Print This Post Print This Post