RSS Feed

Fukuoka Growth 2017-2018: 006. 福岡市のグローバル・ネットワーク(1) Global Networks of Fukuoka City (1)

FG2017_banner_640x205px_dark

3rdplus2_banner_280x90_side

ProsperingCity_banner_280x90

FukuokaGrowth2016_banner_280x90

H26SougouKyousou_banner_280x90

FG3_2015-2016_topbanner_02

20140611FGbook_banner

fukuokagrowthgcs

006. 福岡市のグローバル・ネットワーク(1) Global Networks of Fukuoka City (1)

日本国内では、海外との連携による新事業が盛んに生まれています。イノベーション創出にとって、グローバル・ネットワークは不可欠な条件になっているといえます。そこで、今回は福岡市と海外各都市間のグローバル・ネットワークに着目します。

In Japan, new businesses are being actively born through collaboration with overseas entities. For more innovation, global networking is an indispensable condition. Therefore, let’s take a look at the global networks between Fukuoka City and foreign cities.



オープンイノベーションによる新事業創出
近年、日本国内では、企業や自治体が「オープンイノベーション」の手法を活用した事業創出活動を盛んに行っています。「オープンイノベーション」とは、この言葉の提唱者であるHenry W. Chesbroughによれば、「組織内部のイノベーションを促進するために、意図的かつ積極的に内部と外部の技術やアイデアなどの資源の流出入を活用し、その結果、組織内で創出したイノベーションを組織外に展開する市場機会を増やすこと」です(「オープンイノベーション白書」p.4)。2015年には、経済産業省所管の国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局を務めるオープンイノベーション協議会(JOIC)が設立されました。この協議会設立により、国内の「オープンイノベーション」がさらに加速しています。JOICとNEDOが発行した「オープンイノベーション白書 初版(2016年7月)」によれば、国内のベンチャー企業と連携経験のある企業は26.6%でしたが、その2倍以上の56.8%が「今後ベンチャー企業との連携を推進したい」と回答しています。将来的に、大企業とベンチャー企業との連携によるイノベーション創出の可能性の高さが窺えます。それに加えて、海外のベンチャー企業との連携実績は16.2%であったのに対し、約2.5倍となる40.1%の企業が、今後連携したいという意向を示しています。日本企業の中では、国内にとどまらずに、海外からのアイデアや技術を取り込み、新規事業を展開したいという意向がますます強まってきていることがわかります。

Births of New Businesses via Open Innovation
Recently, in Japan, companies and local governments are actively engaged in business creation activities utilizing the “open innovation” method. According to Henry W. Chesbrough, the creator of this term, ” Open innovation is “a paradigm that assumes that firms can and should use external ideas as well as internal ideas, and internal and external paths to market, as the firms look to advance their technology” (Henry Chesbrough, “Open Innovation: The New Imperative for Creating and Profiting from Technology (2006)”). In 2015, the Open Innovation Council (JOIC) was established with the members of the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) under the jurisdiction of the Ministry of Economy, Trade and Industry as secretariats. With the establishment of this council, domestic “open innovation” is accelerating further. According to “Open Innovation White Paper First Edition (July 2016) – in Japanese” issued by JOIC and NEDO, the ratio of companies with cooperation experience with domestic venture companies was 26.6% among all, but 56.8%, more than twice that number, said that they would like to promote collaboration with venture companies in the future. In the future, there seems to be the high possibility of creating innovation through collaboration between large companies and venture companies. In addition, the ratio of companies with cooperation experience with overseas venture companies was 16.2%, whereas 40.1%, which is about 2.5 times the size, showed an intention to collaborate in the future. Among Japanese companies, the intention to incorporate ideas and technologies not only from within Japan but also from overseas and develop new businesses is seemingly increasing.
FG2017_006_figure01_tmb




日本企業の国外ベンチャー企業との連携
いま流行りであるからという理由だけで「オープンイノベーション」に取り組んだとしても、事業は長続きしないという意見も多く見受けられます(*)。しかし、「オープンイノベーション」へのチャレンジをきっかけに、日本の大手企業が国内外のベンチャー企業に門戸を開くという意思決定を行うことは、グローバルな事業展開に向けた大きな一歩となります。日本企業の国外ベンチャー企業との連携の一例として、2017年1月、パナソニック株式会社が提供開始を発表したコーヒー焙煎サービス「The Roast(ザ・ロースト)」があります。このサービスは、①コーヒー生豆の宅配、②それぞれの豆に合わせた焙煎プロファイル(焙煎の設定条件)、③スマートフォンのアプリで操作する焙煎機本体の3つの工程がセットになったものです。この焙煎機は、英国のスタートアップ企業IKAWA社との技術提携によって開発されました。自社開発ではなく外部スタートアップ企業との連携を選択したことで、新規商品の開発期間が通常の二分の一以上短縮されたうえ、新たなサービスを生み出すに至りました(駐日英国大使館・総領事館 国際通商部「技術とデザインを融合する英国スタートアップとパナソニックの出会い」)本事例は、イノベーションの創出において、国外との連携が重要な手段となることを示唆しています。
*2016年12月7日、日本経済新聞「トヨタのオープンイノベーション、脱「上から目線」カギ」、2017年08月10、日経コンピュータ「「上から目線」と「儲かりまっか」がオープンイノベーションを失敗させる」、2017年08月28日、 Business Insider Japan「大企業はオープンイノベーションごっこから脱出せよ」

Japanese Companies’ Cooperation with Overseas Venture-backed Companies
There are many voices that the project does not last long if “open innovation” strategy is implemented just because it is a buzzword. However, taking the challenge of “open innovation” as a trigger, decision making of major Japanese companies opening up to venture-backed companies in Japan and abroad is a major step toward global business development. As an example of cooperation between overseas venture-backed companies and Japanese companies, there is a coffee roasting service called “The Roast,” that Panasonic Corporation announced its start in January 2017. This service consists of a set of three steps; (1) delivery of green coffee beans, (2) roasting profiles (setting condition of roasting) optimized to each bean, (3) the roaster operated with the application of the smartphone. This roaster was developed via a technical alliance with the UK startup IKAWA. By choosing to collaborate with external startups rather than in-house development, they could shorten the development period of the new product by more than a half of usual time (British Embassy Tokyo, Department for International Trade; https://www.innovationisgreat-jp.com/blog/panasonic-ikawa-collaboration-the-roast/ – in Japanese). This case illustrates cooperation with foreign countries is an important means in creating innovation.




都市の競争力を補強する、グローバル・ネットワーク
情報通信技術(ICT)の進化や交通手段の発達により、ヒト、モノ、情報の国内外の都市間移動がそれまでに比べて容易になりました。都市間の交流が活発になるにともない、国境を超えて新たなイノベーションが生じることが期待されています。イノベーションという観点から、都市の持つグローバル・ネットワークは、その都市の機能を補強します。福岡市は、「国際地域ベンチマーク協議会(IRBC: International Regions Benchmarking Consortium)」(*)の一員であることから、グローバル・ネットワークを有する都市であり、その強みを活かしてイノベーション創出に向けた取り組みを進めています。その具体的な取り組みについて紹介していきます。
*IRBCは、2008年にシアトル(米国)の呼びかけで設立され、都市の規模や経済特性において類似性のある世界の10地域が参加している国際都市間ネットワークです。都市に関するデータ収集および比較分析、都市の課題や成功した取り組みの共有を通じて相互学習の機会を持つとともに、加盟都市や加盟地域の行政・経済・大学への連絡窓口としての役割も果たしています。

Global Networks That Reinforces City’s Competitiveness
Due to the evolution of information and communication technology (ICT) and the development of transportation means, the transfer of people, goods and information between cities in Japan and overseas has become easier than before. As inter-city exchanges become active, it is expected that new innovation will take place regardless of national borders. From the viewpoint of innovation, the global networks of a city reinforce the function of the city. Since Fukuoka City is a member of the “International Regions Benchmarking Consortium (IRBC)” (*), one can say it is a city with the global networks and efforts are made to create innovation taking advantage of its strengths. Let’s look into some specific efforts.
*IRBC is an international city-to-city network that was established in September 2008 by the call of Seattle (USA) and the cities from ten regions of the world with similarity in urban scale and economic characteristics participate. It offers the cities opportunities for mutual learning through data collection and comparative analysis on urban areas and for sharing urban problems and successful efforts. It also serves as a contact point for administrative, economic entities and universities of member cities.
FG2017_006_figure02_tmb




福岡市のグローバル・ネットワーク活用事例①:グローバル・スタートアップ支援連携
福岡市は、2012年に「スタートアップ都市・ふくおか」宣言を行い、2014年に「グローバル創業・雇用創出特区」に認定されてから、現在に至るまでスタートアップ関連事業に積極的に取り組んでいます。このように、福岡市がスタートアップの重要性に着目したきっかけは、2011年、福岡市の高島市長がバンクーバー(カナダ)で開催されたIRBC国際会議に参加し、同行程中にスタートアップの聖地であるシアトル(米国)を訪問したことにあります。(参照記事1:http://thebridge.jp/2014/10/fukuoka-startupcafe-openingtalksession)(参照記事2:https://forbesjapan.com/articles/detail/16740)。2016年度からは、「グローバル展開を見据えた創業が可能となる環境づくり」(福岡市「FUKUOKA 特区通信 Vol.6」)として、海外のスタートアップ拠点とのネットワーク構築が強化されています。具体的には、起業支援施設の相互利用や現地での起業相談の受付などの相互協力を行うプラットフォームづくりが進められています。これまでに、ヘルシンキ(フィンランド)、エストニア、台北(台湾)、ボルドー(フランス)、オークランド(ニュージーランド)、シンガポールとの都市間MoUが締結され、サンフランシスコ(アメリカ)、台湾の創業支援施設との連携が整備されました(http://www.startupcafe-global.com/#_3)。とくに、ヘルシンキ市とは、IRBCですでに構築されていたネットワークが活用されたことで、「福岡市とヘルシンキ市との相互協力に関する覚書」および「スタートアップ交流事業に関する協定書」の締結に至りました(起業支援施設の詳細はコラム参照)。

Example of Fukuoka City’s Making Use of Global Networks①: Global Startup Support Collaboration
Fukuoka City declared the “Startup City Fukuoka” in 2012, and since the city was selected as a “Special Zone for Global Startups and Job Creation” in 2014, the city has been actively working on startup related programs. The reason why Fukuoka City focused on startups dates back to May 2011, when Mayor Takashima of Fukuoka City participated in the IRBC International Conference held in Vancouver (Canada) and visited Seattle (USA), a mecca for startups. (http://thebridge.jp/2014/10/fukuoka-startupcafe-openingtalksession – in Japanese) (https://forbesjapan.com/articles/detail/16740 – in Japanese). From 2016, as part of “environment creation for startups with a global perspective” (Fukuoka City “Fukuoka Special Zone Report Vol. 6″ – in Japanese), networking with overseas startup bases is strengthened. Specifically speaking, the creation of platforms for mutual cooperation is promoted, such as mutual use of startup support facilities and startup counseling on site. As of today, intercity MoUs have been established with Helsinki (Finland), Estonia, Taipei (Taiwan), Bordeaux (France), Auckland (New Zealand), Singapore, and cooperation with startup support facilities in San Francisco (USA) and Taiwan has been initiated (http://startup.fukuoka.jp/global-network). In particular, with the city of Helsinki, Fukuoka City has established a “Memorandum on Mutual Cooperation between Fukuoka City and Helsinki City” and an “Agreement on Startup Exchange Project” as a result of the already existing connection of IRBC (Refer to the column for the details of the startup support facility).

福岡市スタートアップカフェ Fukuoka City Startup Cafe

福岡市スタートアップカフェ Fukuoka City Startup Cafe




ヘルシンキ市のスタートアップ支援施設
2016年12月、福岡市・ヘルシンキ市間で締結された「スタートアップ交流事業に関する協定書」の主な拠点となる創業支援施設は、福岡側は「福岡市スタートアップカフェ」、ヘルシンキ側は「NewCo Helsinki」です。ヘルシンキ市にはこの施設を含め、3ヵ所の主要な公的起業支援施設があります。各施設の主体となる組織は、政府、自治体、大学、民間からのそれぞれ異なる組み合わせで構成されていますが、特徴的な点は、各施設の役割が事業の成長フェーズに合わせて設計されていることです。①起業家精神を育む施設「Helsinki Think Company」、②コワーキングエリアやシェアオフィスを活用して実際にビジネスチームを形成、事業開発を行い、シード・エンジェル資金調達を目指す施設「NewCo Helsinki」、③軌道に乗り始めたスタートアップが資金調達やバイアウトを意識しつつ、更なる事業展開を目指す施設「Maria 0-1」の三施設では、それぞれ成長段階に合わせた様々な起業支援が行われています。ヘルシンキ市のあるフィンランドは、人口約550万人、名目GDP2,391億ドルという小国です。しかし、隣国には人口とGDPともに約2倍(人口1,000万人、GDP4,926億ドル)を有するスウェーデンが位置しており、その地の利を生かして、国外との連携の上で教育やスタートアップ・エコシステム作りを行っていることが特徴的です(フィンランドおよびスウェーデンの数値は外務省HP参照)。フィンランドの人口は福岡県と同程度、スウェーデンも九州全体よりも人口が少ない小国であり、ともにEU圏では末端地域に位置しているにもかかわらず、強い経済力を維持している原動力は、イノベーションです。

Helsinki’s Startup Support Facility
The main bases of “Agreement on start-up exchange project” established between Fukuoka City and Helsinki City in December 2016 are “Fukuoka City Startup Cafe” of Fukuoka City and “NewCo Helsinki” of Helsinki City. Helsinki City has three major public startup support facilities including this one. The governing organizations of each facility are composed of different entities such as the local government, university, and private sector, but the characteristic is that the role of each facility is designed for each phase of startup. ①”Helsinki Think Company” for fostering entrepreneurship, ②”NewCo Helsinki” that aims to help form startups that can secure angel funding by developing business teams utilizing co-working and shared offices, and ③”Maria 0-1” that aims to help startups on the right track further expand its business while conscious of fund raising and buyout, offer startup support in accordance with the growth stage. Finland, where Helsinki city is located, is a small country with a population of about 5.5 million and nominal GDP of 239.1 billion dollars. However, Sweden, its neighboring country, has nearly twice the population and GDP (population 10 million, GDP 492.6 billion dollars), and by utilizing the benefits from international collaboration, Finland has made its distinctive education system and startup ecosystem (Refer to Ministry of Foreign Affairs website for figures of Finland and Sweden). Although the population of Finland is about the same as Fukuoka Prefecture and Sweden is also a small country with a smaller population than Kyushu as a whole, and both of them are located in the edge of the EU zone, they are maintaining strong economic power and the driving force is innovation.

事業の成長フェーズ Startup Development Phases

事業の成長フェーズ Startup Development Phases

Helsinki Think Company

Helsinki Think Company

NewCo Helsinki

NewCo Helsinki

Maria 0-1

Maria 0-1




福岡市のグローバル・ネットワーク活用事例②:社会実験国際賞(LLGA)への参加を通じた他都市との連携強化
2012年と2013年に、「福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)」(*1)は、Citymart主催の「社会実験国際賞(LLGA = Living Labs Global Award)」に参加しました。Citymartは、本拠地をバルセロナ市(スペイン)に置き、市民の暮らしの質の向上を目的として、また結果としての公共サービスの費用対効果の改善ならびに新市場創造による地域経済の活性化を副次的な目的として、都市課題の革新的な解決策(ソリューション)の導入を推進する企業です。創設者のハゼルメイヤー氏は、2003年にLiving Labs GlobalというNGOを設立して同様の活動を積み重ねて来ましたが、2011年に企業としてのCitymartを創設し、世界中の多くの都市や団体と連携して事業を推進しています。LLGAとは、世界の各都市が都市づくりに関する課題を公開し、世界中のソリューション提供企業に公募をかけ、マッチングを行う事業です。Citymartは、2010年から2014年までの5年間に、本事業を通じて42都市と1,200企業をマッチングさせ、都市づくりに向けた30件以上の先導事業を実施しました。(*2)
*1)福岡地域の成長戦略の策定から推進までを一貫して行う、産学官民一体のシンク&ドゥタンク
*2)ソリューション公募の選考結果によると、受賞者の95%が中小企業であり、公共調達への応札が容易ではない中小企業にとって、外国の都市のソリューション募集に応募でき、事業拡大に向けた実績づくりやネットワーキングができるというチャンスとなっている。

Example of Fukuoka City’s Making Use of Global Networks②: Participation in Living Labs Global Award (LLGA) and Collaboration with Other Cities
In 2012 and 2013, the “Fukuoka Directive Council (Fukuoka D.C.)” (*1) participated in “Living Labs Global Award (LLGA)” sponsored by Citymart“. Citymart, with its headquarters in Barcelona City (Spain), is a company promoting the introduction of innovative solutions for urban issues to improve the quality of life for citizens, and to improve the cost effectiveness of the public services and to revitalize the regional economy by creating new markets as its results. Mr. Hazelmeier, the founder, founded an NGO called Living Labs Global in 2003 and has been involved with similar activities, but in 2011 he founded Citymart, and is promoting projects in cooperation with many cities and organizations around the world. LLGA is a project in which each city in the world publishes issues relating to urban development, makes public offerings to companies providing solutions around the world, and matches them. During the five year period from 2010 to 2014, Citymart matched 42 cities and 1,200 companies through this project and carried out more than 30 leading projects for urban development (*2).
*1) A think-and-do tank that performs from development of growth plans of the Fukuoka Region to implementation of it.
*2) According to the selection result of the solicited public offering, 95% of the winners are SMEs which are not easy to bid for public offerings. For them, it is an opportunity to apply for recruitment of solutions in foreign cities and to create achievements and networking.

Citymartと協業したことのある都市 Cities Collaborated with Citymart

Citymartと協業したことのある都市 Cities Collaborated with Citymart

2013年にFukuoka D.C.が、公開した課題「スマートな国際会議開催地(MICE)」に対しても、米国、カナダ、英国、フランス、ポーランド、オランダ、ポルトガル、ベルギーなど世界中から30件の応募が寄せられました。最優秀賞に選ばれた米国のGuidebook社によるソリューション「Guidebook」は、その後、福岡市を含む福岡地域コミュニティの協力のもとで、「福岡MICEアプリ」の開発が行われ、国際イベント「スマートモビリティアジア2013」において、参加者の利用動向を把握するという社会実験が行われました。このように、「都市づくりに向けた課題の解決」への取り組みをつうじて、福岡市と海外との連携が一層強化されるとともに、福岡市では、スタートアップ支援策の一環として、社会実験を受け入れる必要性が検討される良い機会にもなりました(参照:福岡地域戦略推進協議会)。

30 entries from around the world such as the United States, Canada, the UK, France, Poland, the Netherlands, Portugal, Belgium, etc. arrived for Fukuoka D.C.’s published issue “Smart International Conference Venue (MICE)” in 2013. The Guidebook, a solution by Guidebook Inc. of the United States was chosen as the best award, and consequently, “Fukuoka MICE Application” was developed and a social experiment was conducted to grasp the usage trend of participants of the international event “Smart Mobility Asia 2013 – in Japanese” under the cooperation of the Fukuoka regional community including Fukuoka City. In this way, the cooperation between Fukuoka City and overseas were further strengthened through trials to “resolve issues for urban development”, and as part of the startup support measures of Fukuoka City, the city could assess the necessity of accepting social experiments (referred to Fukuoka D.C.).

実証実験アプリ Pilot application

実証実験アプリ Pilot application



テキスト:研究員 山田 美里
Text: Researcher, Misato YAMADA

 

バックナンバー Previous issues: http://urc.or.jp/category/research_publication/publication/fukuokagrowth-2017
Print This Post Print This Post