RSS Feed

先端技術を活用したマグロ養殖

いつ:
2019年8月14日 @ 09:00
2019-08-14T09:00:00+09:00
2019-08-14T09:15:00+09:00
お刺身のイメージ写真

※写真はイメージです。

2019年6月18日、日経BP主催の「九州デジタルイノベーション2019」にて、双日の村上氏による講演「マグロ養殖事業におけるIoT・AI活用事例 日本の水産業活性化に向けた取組概要」を受講しました。後継者不足や高齢化が問題となっている漁業は、年間売上300万円以下の漁業者が全体の7割も占めるそうです。

約4万匹を養殖する双日ツナファーム鷹島株式会社のマグロ養殖場では、IoTやAI、ビッグデータを活用した、①給餌最適化に向けた取組、②尾数の自動カウント、③(赤潮などの)危険予測による、餌代の削減と省力化が目指されています。いけすに設置されたセンサーで、水温、溶存酸素濃度、塩分濃度等をモニタリングし、餌あげの量やタイミングとマグロの育成状況等を記録したビッグデータとの相関性を調べることで、将来的には、特定の時期に特定の大きさにまで成長するための最適な給餌方法(量・タイミング)をAIで予測できるようになると期待されています。
実証実験を通じて、以下の4つの課題が明らかになったそうです。

①現場とITをつなぐ人材(IT通訳)が不足していること
②適切な協力者や知見者探しが大変であること
③属人化したノウハウや勘の個々人の解釈が存在し取捨選択に時間がかかること
④AI活用には多くの時間とデータを要すること

課題はあるものの、IoTやAIの活用は、収益性の向上、持続可能な海洋環境への寄与、消費者目線への波及・寄与が期待できることから、今後も「日本水産業の高度化への挑戦」を継続していくとお話しされていました。

普段は美しい刺し盛りに感嘆の声を上げながら食させていただくだけですが、その生産元は技術革新とともに着々と進化していることを学びました。

情報戦略室 山田美里
http://urc.or.jp/event/column-20190814
Print This Post Print This Post