RSS Feed

平成28年度市民研究員募集 

市民の方々に、自主的な立場での研究を通して、まちづくりへの認識を深め、また、交流の輪を広げることにより、まちづくりのリーダーとなっていただくことを目的としています。

研究テーマ

『さらなるグローバル化時代に向けての福岡市のまちづくり』
福岡市では、平成28年に第99回ライオンズクラブ国際大会の開催が予定されており、平成31年のラグビーワールドカップの開催都市の1つに選定され、平成32年の東京オリンピックにつづき平成33年には世界水泳大会が開催予定となっているなど、世界各地から来訪者が押し寄せ、福岡の名が世界中に発信されることが期待されます。
福岡市にとっては、国際的な交流・連携関係の新たな段階を迎えることになるでしょう。
福岡市としても福岡を次のステージへと飛躍させることをめざして「FUKUOKAネクスト」チャレンジと銘打った積極的な取り組みを実施しています。
 そこで、今年度は、
「さらなるグローバル化時代に向けての福岡市のまちづくり」
を共通テーマとし、市民の皆様が、日頃、感じ、考えておられる、(1)成長するアジア地域の需要を取り込むアジアビジネスのあり方、あるいは(2)国際都市としての各種都市施設(インフラ)整備のあり方、(3)外国人にとっても住みやすい多文化共生型社会の実現方法など、新たな段階に向けたグローバルな都市政策について研究したいとお考えの方を市民研究員としてお迎えすることといたしました。
 皆様のご応募をお待ちしております。

【市民研究員の条件及び募集人数】
1.福岡市またはその近郊にお住まいの方もしくは福岡市内に通勤・通学している満18歳以上の方で、月2回程度の定例研究会(原則、平日の夜間)に参加でき、かつ、研究テーマに関連して自主的な研究活動ができる方。

2. 募集人数は5名程度です。

【研究活動の内容】
1.福岡市またはその近郊にお住まいの方もしくは福岡市内に通勤・通学している満18歳以上の方で、月2回程度の定例研究会(原則、平日の夜間)に参加でき、かつ、研究テーマに関連して自主的な研究活動ができる方。PCの操作が可能。メールで連絡が取れる方。

2.研究期間は、平成28年7月初旬(予定)から平成29年3月までの約9か月間とし、期間中は、研究所の施設の一部を作業スペースとして提供します。

3.市民研究員には、研究活動費として研究に関する経費(書誌購入、コピー・プリントアウト等)を、1人につき研究期間中1万円を限度として支給します。
定例会参加等にかかる交通費については、各自負担をお願いします。

4.市民研究員の決定
①市民研究員は、書類選考及び面接選考のうえ決定します。
②選考結果は、応募者全員に文書で回答します。
③決定後は、研究所が「市民研究員」として委嘱します。

5.研究成果
① 研究の成果は、報告書としてまとめていただきます。また、発表会も行います。
② 研究成果については、研究所、市民研究員双方に帰属するものとし、研究所以外における公表については、研究所の承諾を得てください。

【応募手続き等】
1.応募方法
下記の①から⑧の項目を記入し、郵送、もしくはメールでご提出ください。
(自筆・ワープロのいずれでも可)

応募用紙はこちら(Word/35KB)からダウンロードできます。

①氏名(フリガナ)、 ②年齢、 ③住所、④電話番号(昼間連絡可能なところ)、⑤勤務先(または通学先)名⑥勤務先(または通学先)住所、⑦まちづくりに関する活動等の経験があれば簡単に記入してください。 ⑧今回の応募の動機、及び研究テーマに関する自分自身の考え方や所感を、400字以上800字以内の文章にしてください。

※合否に関わらず、提出書類は返却いたしません。また、提出書類記載の個人情報は適切に管理し、市民研究員の選考とその後の活動に関する事務以外には使用いたしません。

2.募集期間
平成28年5月9日(月)~平成28年6月10日(金)(必着)

3.面接選考
平成28年6月中旬(面接日時は後日連絡します。)応募者多数の場合は、書類選考有り。

4.応募、問い合せ先
公益財団法人福岡アジア都市研究所
〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目10番1号 福岡市役所北別館6階
TEL 092-733-5686  FAX 092-733-5680
E-mail shimin@urc.or.jp

※募集要項はこちら (pdf/225KB)

Print This Post Print This Post